×

検索

検査

警察「交通規制です」 父「この先に家があるんですけど…」 → 交通規制の原因は我が家だった

花御YYC 2021/12/06

小学生の夏休みに、家族で花火を見に出かけて

家の近くに付いたら「この先、交通規制です」って警察に止められて

父が「この先に家があるんですけど」と言うと通してくれた

赤い光が点滅していて、火事か救急車か事件かだなって思った

うちだったわ

直線の道路沿いなのに、何故か運転を誤ったトラックがうちに突っ込んでた

台所が全壊、居間が半壊だった

事故が起きたのは夕方6時

いつもなら母は台所、他の家族は風呂か居間に居る時間だった

その日は花火会場の駐車場が混むので、少し早い5時過ぎに家を出ていた

しかも、その花火大会は、本当は前日にあるはずのが雨で延期になって事故の日に代わっていた

うちにとっても危機一髪の修羅場だったけど

運転手さんも、家が無人で住居損壊だけで済んで危機一髪の修羅場だったはず

修理は夏休み中に済んだけど

事故直後はガス管が割れていて、近所の家の人たちが避難したりして

うちは被害者だけど、後で菓子折りもって「ご迷惑おかけしました」って近所を回ったよ

個人的には、夏休みの工作で割り箸で作った名古屋城が壊れてたのがショックだった

父が記念にといろんな角度から写真を撮っていてくれたので

その写真と壊れた城を持って行って、先生に慰められた

家の壁が出来るまで、母が仕事休んで家にいた

その間の給料分は、相手の保険から出た記憶

買い物行くのも、誰か留守番しないといけなくて

せっかくの夏休みなのに、友達と自由に遊べなかったのも覚えてる

後、当然料理が出来ないんだけど、外食も出来ないので

出前ばかりで飽きた記憶もあるな

コメント一覧:

・不幸中の幸いやね

台所全部新品になったのかな、誰にも見られないところでニヤリとしてしまいそうな、、、

・↑そういう事を考えられる方がすごいね…

直るまでの間生活できないから貴重品と最小限の荷物を持っての仮住まいで学校や会社に行き

完全に壁が修復するまで他所の人がこっそり入ろうと思えば入れてしまう家に

残してきた家財が盗難にあったりしないか気にして生活するんだぞ

しかも衝突の衝撃で家が歪んで耐久性が各段に落ちたとしても

あくまで壊れた場所のみの修理で新築状態に回復してもらえる訳じゃない

新品になったからってニヤリなんてとてもできないと普通思う

引用元:http://sk2ch.net/archives/53248,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント